Amazon輸出の問題点

最近、メルカリなどのスマホアプリユーザーが増えていることもあってせどりもAmazonせどりからメルカリなどに出品に移り変わっている人も結構います。ただ、それでもAmazonは未だ世界最大級の市場でもあるわけで、Amazonでもメルカリでも出品をしておくってのがベストだと思います。今日は初心者にはちょっと手が出しにくい海外Amazonせどりについて書いていきたいと思います。

Amazon輸出が儲かる??

少し前まではAmazon輸入が人気だったわけですが、円安傾向も相まってAmazon輸出をする人が増えてきているようです。メイドイン・ジャパンは世界でも信頼されているブランドなので、日本人であるだけでも私達は他の国の人々よりもアドバンテージがあるわけですね。なので、日本人は正直、Amazon輸出をどんどんするべきなんですよ。もちろんジャンルにもよりますが、メイドインジャパンを押し出せる商品。つまり家電などですね。これらは海外でも高く販売されていてこれを転売するだけでも稼ぐことができます。中国人がわざわざ日本の電化製品を購入するためだけに日本にやってくるくらいですもんね。

Amazon輸出の問題点

Amazon輸出はリスクを減らすことのできる方法として無在庫販売が人気です。つまり、注文が入ってから在庫を仕入れ、商品を輸出するというやり方ですね。これは海外とのやり取りだからできる芸当なわけですが、在庫リスクが減るかわりに売れたときに在庫の仕入れができなかったり、価格が高騰していたり…とリスクが残る可能性があります。
実際にこれで、注文自体をキャンセルしてもらったり、赤字で在庫を仕入れなくてはいけなかったりとトラブルにもなりかねません。これがAmazon輸出が初心者が入りにくい一因でもあるわけですね。

ただ、最近はAmazon輸出ツールなども登場しており、在庫の価格が上がったり、在庫が切れたりすると自動で出品を停止してくれるツールなども存在しています。なので、これを使えば実質的にリスクゼロでのせどりができるわけですね。





海外Amazonから国内Amazonにシフト

海外Amazonで仕入れた商品を、国内で売りさばくことを最近始めています。


売れ行きは、そこそこよくて、利ざやのあるものもゲットできるのですが、
国内Amazonにおけるせどりの作業が、なかなか大変なので、ツールを使って効率化しようと試みています。

使っているツールは、せどりキング。


せどりキングを使うことで、リサーチ・出品・価格改定・売上管理が一括して、効率化することができます。


例えば、リサーチでは、カテゴリーや各種検索条件を利用することで、Amazon在庫切れや
FBA出品者のいない商品を抽出させることが可能です。


こうすることで、海外から仕入れるべき商品が明確になります。
Amazon輸入がやりやすくなりますよね。


さらに、仕入れた商品が多くなると、出品する商品も多くなります。

出品は、1つ1つする必要がありますが、一括して出品することが可能になります。


そして、価格改定では共通設定だけでなく、個別設定で価格改定を実行することが可能になります。

これらのポイントをツールを使って実現できるので、
人力でやるよりも、はるかに効率化できるというのは、使う前からわかると思います。


ツールは月額課金のものが多い印象かもしれませんが、中には買い切りタイプのものもあります。












リストの説明書

リストを作るときには、注意が必要です。


それは必ず電脳せどりで作るということ。


そして、ツールを使うということ。



人力で作るには、あまりにも効率が悪いです。


リストというのは、本来はメモ帳みたいなもんです。


『あとでこれを見ておこう』というブックマークのようなものなので、
あってもなくてもいいものです。


それをあえて作るメリットは、実店舗仕入れをやりやすくするためです。

実店舗仕入れをやるための特徴としては、メモ帳片手にやる必要があります。


いちいちこの商品はいいかどうかということを考えていたり、調べていたら、日が暮れてしまいます。


しかも、店舗は1日に何軒かまわることが推奨されていますから、
1店舗にそんなに多くの時間をかけることはできません。


ですから、リストをつかって、その商品だけを調べていくという
シンプルな方法が最も有効です。


この方法の場合、リストにあげていない商品は取りこぼす可能性が出てきます。


しかし、そんな商品に対して、勘を働かせられるかどうかは、
上級者になってから考えるべきところで、
今の時点で考える必要はありません。


ですから、今の時点ではリストをなるべくたくさん作って、
それを元に仕入れをするという理解でよいでしょう。